2018.01.27

バイリンガル講師のメリット、日本語力が英語を助ける

 

長らく英会話教師には、英語をネイティブで話す講師がもてはやされてきました。

しかし、昨今、英語を母国語のように話すことのできる日本人講師や、日本語を母国語のように話せる外国人講師の登場で、にわかにバイリンガルの講師が注目を浴びています。

 

では、そんなバイリンガルの講師にはどんなメリットがあるのでしょうか。

そのメリットとは、日本語力です。

 

母国語でないとわからないニュアンス

英語しか話せない外国人講師とバイリンガル講師の一番の違いは、ニュアンスの伝え方です。

英語しか話せない講師のいる英会話教室では、その授業のすべてが英語で行われ、たとえ英語力がある程度上達したとしても細かいニュアンスがわからない時生徒は質問に窮してしまいます。

 

日本語の細かいニュアンスがわからない時に日本語で質問してもわかりにくいことがあるのが言語のニュアンスです。

それをかたや英語習得中の生徒が日本語のわからない英語教師に片言の英語で質問することのハードルは、かなり厳しいものと言わざるを得ません。

このような状況が積み重なると、段々と生徒は質問をしなくなります。

 

当たり障りのない英語を使って、なんとなく細かいニュアンスを無視した会話を続ける英会話学習に、真の意味での会話力をつける効果がないことは言うまでもありません。

 

日本語力が英語を助ける

かたやバイリンガル講師の場合だと、このあたりの質問は楽です。

生徒からの質問も英語でどうしても伝えられない場合は日本語を使えばいいのですし、講師からの指導も英語で伝わらないと判断すれば日本語に切り替えればいいのです。

 

そう、それは、英語という物を基本としながらも、いざという時は日本語同士で理解しあう保険のようなもの。

といっても、英会話教室内において日本語が飛び交い、とても英会話をしていないような状態になるかといえばそういうわけでもありません。

 

バイリンガルの講師としてはできる限り英語を使いますし、生徒もできる限り英語で会話しようと試みます。

それは、日本語という保険があるからこそより積極的で、しかも実質的な会話となり、常に真意を伝えようと努力し続けることができる会話になってくるのです。

 

「教える」と「話せる」の両立

つまりバイリンガルの講師は、「教える」と「話せる」の両立を可能にしているということです。

確かに、英語しか話せない空間に長い間通っていれば英語は話せるようになるかもしれませんが、深いところで理解していない英語は表面的な伝達ツールにしかなりません。

 

しかし、教える能力のあるバイリンガル講師の場合は違います。

そこには、言語としての深い理解と伝えるというツールを超えた、真の理解に到達する使える英語の習得という最終地点が用意されているのです。

 英語4技能コース
 英検コース
 幼児英会話コース
 オンラインコース
GoTop